甲信中医薬研究会~勉強会のおはなし

平成28年11月26日(土)27日(日) 甲信中医薬研究会一泊研修

場所:  諏訪  鷺の湯
講師:  張 立也 先生

内容:   婦人病における中成薬のつかいかた

          諏訪湖畔のホテルに前日入りし、甲信中医薬研究会の会員同士の楽
          しいお食事&温泉を楽しんだ翌日は、午前・午後とがっつりお勉強!
          相談件数の多い婦人科・不妊相談がテーマという事もあって質問が
          飛び交い、張先生に丁寧に答えて頂きながらの講義となりました。


          ~月経周期と卵子の発育、不妊の段階別に目標を~

          ●月経期(月経開始後1日目D1(以下同)~D7):
          不要な内膜を出す子宮の自浄作用の時期。
          (他の感染症などから身を守る。)
          自然の力を利用して毒素を出すのを促すように活血の中成薬を用いる。
          卵子は1日に1mmのスピードで成長。→【活血】の中成薬。

          ●D7~D8:このあたりで主席卵胞が8mmくらいに。
          それ以外の卵胞が小さめなら良好。

          ●D9~D18:1日に2mmのスピードで急成長。E2が300くらい(第1の
          ピーク)でLHサージを起こしD14付近で排卵。E2により内膜が作られて
          いく。→【補腎陰】の中成薬。

          ●D19~D24:黄体ホルモンなどの作用によって子宮内膜がフワフワに。
          血管も充実。→【補腎陽】の中成薬。

          ●D25~D28:受精卵が子宮にないと子宮内膜が壊死し月経の準備を始める。

          男性不妊に関しては周期など無関係に「精子の質と量の向上」が目標です
          が、女性の場合は良い周期→よい結果につながっていくよう周期調節を
          会員店がサポートいたします。


          子宝相談も甲信中医薬研究会の会員店にご相談ください。
          体外受精や顕微授精など、最新の生殖医学との併用の相談も非常に多く
          なってきていますよ。



          また、婦人病における中成薬の使い方も勉強いたしました。

          ●PCOS・PCO・・・
          [1]視床下部・下垂体に対して:性腺軸の調達のための【疏肝】
          [2]卵巣に対して:卵子・卵胞膜・卵胞液を育てる【補腎】
          [3]子宮内膜に対して:【活血】

          その他、症状に合わせて。

          ●子宮内膜症・・・
          中医学的には毒と痰濁が原因。抗炎症・解毒を目的とした中成薬。
          体質により【補血】も併せる。

          ●無月経・・・
          【疏肝+補腎】【活血+補腎】など、中成薬を組みあわせる。



          ★張立也(ちょうりつや)先生
          中医師・中医学講師。中国遼寧省遼寧中医薬大学卒業。
          大学講師を経て1996年に来日。2003年埼玉医科大学にて博士号を取得。
          全国各地で漢方相談・講演および執筆活動で活躍中。日本中医薬研究会の
          全国の学術シンポジウムなどでも進行&通訳をこなす才色兼備の張先生。
          やっぱり中医健康美人のためにはエイジングケアの補腎活血ですね(*´▽`*)♪
          有り難うございました。





勉強会出席会員店



(順不同)

 金沢薬局
 マスヤ薬局
 ミトモ薬局
 太田薬局
 クサマ薬局
 宮本屋薬局
 角大薬局
 二葉薬局
 一二三薬局
 たつのひまわり薬局
 沢田屋薬局
 渡辺薬局
 ネクスファーアサヒ薬局


   おひとりおひとりに最善のご提案を差し上げます。
   甲信中医薬研究会の会員店へお気軽にご相談にいらしてください。


甲信中医薬研究会です!

甲信中医薬研究会

モバイルサイト

★3キャリア対応★

モバイルサイト3キャリア対応

甲信中医薬研究会モバイルサイトQRコード