甲信中医薬研究会~勉強会のおはなし

平成28年9月25日(日) 冠元顆粒の臨床応用と板藍茶

場所:  松本駅前会館
講師:  緋田哲治 先生(日本中医学研究会会員、ふたば薬局薬剤師)

内容: 【1】冠元顆粒の臨床応用について      

          おなじみの冠元顆粒について「わたしはお血(オケツ)の証ではないのに、
          冠元顆粒を飲んでいます。なぜでしょう?」の緋田先生の問いかけ。
          先生もスリムでらっしゃるし、私たち甲信研究会会員もいかにも
          “血液ドロドロ~”という体型ではないのに飲んでる・・・冠元顆粒。

          答えはかんたん「肩スッキリ!頭スッキリ!全身がすっきりするから。」
          微小循環…つまり毛細血管の血流改善は漢方薬の得意分野であることの
          解説などを詳しくしていただきました。
          エンジンオイルを入れ替えたようなスッキリ体験を冠元顆粒で!

          【冠元顆粒が取得している7つの特許】
          (1)老化抑制剤
          (2)糖尿病改善剤
          (3)糖尿病合併症改善剤
          (4)脳虚血による学習記憶障害改善剤
          (5)肝組織コレステロール改善剤
          (6)抗精神剤
          (7)神経ペプチドW発現増強剤及び摂食抑制剤

          甲信中医薬研究会の会員店では冠元顆粒の無料試飲サンプルをご用意して
          います。「甲信中医薬研究会」のホームページを見ました。と電話でお伝え
          いただいてご来店ください。ご相談お待ちしています。


          【2】板藍茶(ばんらんちゃ)で風邪インフルエンザ予防

          実は緋田先生といえば、日本中医薬研究会のなかでも板藍茶の臨床応用で
          すごく有名な先生なのです。今回は板藍茶を活用した風邪対策
          「3重防衛」のお話をして頂きました。

          (1)食事・睡眠で日ごろの養生。風邪をひきやすい方は『衛益顆粒』で
          【衛気】を補います。

          (2)流行ってきたな…と思ったら迷わずうがい・手洗い『ばんらん茶』の
          出番です。

          (3)もし風邪をひいてしまったら、
            ・ゾクゾク寒気のする青い風邪⇒『葛根湯』
            ・のどの痛み・違和感や発熱の気になる赤い風邪⇒『天心感冒片』『涼解楽』
            ・胃腸にくる下痢などの黄色い風邪には⇒『勝湿顆粒』

          の風邪の症状に的確にあった漢方で早めに治す!

          風邪のひき始めのちょっとした違和感はご本人にしかわからないもの。
          ちょっとしたのどの違和感や寒気など感じた時にしっかり対策!が大切ですね。
          もちろん“うがい・手洗い・板藍茶”でしっかり予防してこの冬も快適に
          過ごしましょう。



          ★緋田哲治(ひだてつじ)先生
          日本中医学研究会会員・ふたば薬局薬剤師
          鍼灸師・按摩マッサージ指圧師・中国政府認定国際中医専門員A級(通称:
          国際中医師)京都薬科大学卒業
          岡山大学薬学部など大学の講師としてもご活躍です。“目から鱗”の分かり
          やすいご講義有難うございました。古城がお好きとのことで、今回は講義の
          前に国宝の松本城に観光に行かれたそう。
          (月見櫓が修復中だったので、また来ます!と。有難うございます。)




★2016年9月25日の勉強会の様子です★


甲信中医薬研究会☆不妊症専門講座中国研修報告と更年期障害の漢方薬




勉強会出席会員店



(順不同)

 金沢薬局
 マスヤ薬局
 ミトモ薬局
 太田薬局
 たつのひまわり薬局
 マーシィー稲田薬局
 渡辺薬局
 クサマ薬局


   血液の流れが気になる方、風邪インフルエンザ予防をされたい方、
   おひとりおひとりに最善のご提案を差し上げます。
   甲信中医薬研究会の会員店へお気軽にご相談にいらしてください。


甲信中医薬研究会です!

甲信中医薬研究会

モバイルサイト

★3キャリア対応★

モバイルサイト3キャリア対応

甲信中医薬研究会モバイルサイトQRコード