甲信中医薬研究会~勉強会のおはなし

平成28年7月31日(日) 中国研修報告と更年期障害の漢方薬

場所:  松本駅前会館
講師:  王 愛延 中医学講師

内容: 【1】日本中医学研究会不妊症専門講座中国研修の報告

          王先生が引率・通訳された不妊症専門講座の中国研修のお話をお聞きしました。
          中国でも不妊症に関する中医学の研究が日進月歩、進歩しています。
          今回は湖北省武漢市中医委員産婦人科・湖北中医科大学の講義の様子を
          お聞きしました。最新の学術情報が聞けるとあって甲信の先生方も皆真剣です。
          『亀鹿仙』の亀の養殖場見学の様子もうかがいました。
          先生曰く「ここの料理が一番おいしかった。
          日本でもおいしいお米を取り寄せて食べてるけど、負けないくらい
          おいしかった。」お水がきれいなのでしょうね。写真も見せていただき
          ましたが、日本ののどかな農村のような広大な田園風景でした。

          ●不妊症の情緒のケア…理気剤は調節理気剤を用いる事よりも【肝】を養う
          ことが大切。『逍遥丸』には強い理気剤が入っていないので用いやすいです。
          ●基礎体温氷河ギザギザで安定しない…【肝血】のケアが大切。『逍遥丸』
          『亀鹿仙』『婦宝当帰膠』など弁証論治して用いる。
          ●原因不明の習慣性流産…抗体が陽性ではなくても免疫調節が行われるべき。
          時に『シベリア霊芝』『双料参茸丸』を応用する。
          ●高プロラクチン血症…おなじみの生薬がありますが、中国では【胃陰】を
          補うことに重点をおくこともある。
          ●多嚢胞性卵巣…中国でも日本と同じように非常に多い。典型的な
          “ネックレス状”のエコーが見えるのは非常に稀なので、月経周期が遅れる・
          排卵が遅れるなどがあれば、免疫調節+補血+活血の三点セットで対処する。

          【2】更年期障害の漢方薬

          店頭での相談が非常に多い更年期障害。のぼせや肩こりなどの他に、汗、
          浮腫みに悩む方へのケアや30代からの若年性更年期障害のケアについても
          お話し伺いました。『婦宝当帰膠』『冠元顆粒』『天王補心丹』などの
          中成薬はもちろん琥珀の健康食品『眠好』、『益宝』『亀鹿仙』などの
          健康食品の応用についても学びました。更年期障害は症状も多岐にわたり、
          証も【血虚】【陰虚】をベースに体質によって【オ血】【痰湿】が
          複雑に絡み合っており、訴えがお一人お一人違います。
          中成薬の組み合わせで対応することが多いです。じっくりご相談ください。


          ★王愛延(おうあいえん)先生
          中医師・中医学講師・登録販売者
          中国山西省出身  北京中医薬大学卒業  1994年に来日
          2005年東京医科歯科大学医歯総合研究科分子発生学博士号を取得
          <著書> 「恋愛漢方」(WAVE出版)
          不妊・婦人病に非常に詳しい先生です。明るく、親しみやすい先生です。
          (今日の講義では大使館のパーティーに参加されたときの写真があって
          会員一同びっくり!すごい!)




★2016年7月31日の勉強会の様子です★


甲信中医薬研究会☆不妊症専門講座中国研修報告と更年期障害の漢方薬




勉強会出席会員店



(順不同)

 金沢薬局
 マスヤ薬局
 ミトモ薬局
 太田薬局
 たつのひまわり薬局
 マーシィー稲田薬局
 渡辺薬局
 クサマ薬局


   不妊症、更年期障害でお悩みの方、漢方相談を試してみませんか?
   心と体にやさしいご提案を差し上げています。
   甲信中医薬研究会の会員店へお気軽にご相談にいらしてください。


甲信中医薬研究会です!

甲信中医薬研究会

モバイルサイト

★3キャリア対応★

モバイルサイト3キャリア対応

甲信中医薬研究会モバイルサイトQRコード