春は肝を整えて元気!~やおよろず漢方

春を元気に迎える秘訣は肝です!

草木はのびのびと育ち、動物たちも冬眠から覚めていきいきと動きだす季節、春。
日本においては、新入学・新入社・進級・異動・転勤など新しい期がスタート、わくわく・ドキドキ・集中・緊張の連続の日々ですね。

春は五行図で見ると木、関連の深い臓器は肝(かん)です。
木が上へ上へと伸びるように、私たち人間の気も上へ上へと昇り易い季節です。
気(生命エネルギー)の流れを調整するのも肝(かん)の役割のひとつです。

イライラしたり、気力が落ち込んでため息が出たり、憂鬱になったり、おなかが痛くなったり、気分が悪くなったり、疲労感を訴えたり、寝つきが悪くなったり、不安になったり、これらの症状には実は肝(かん)が関係しています。

肝(かん)の機能を整えておくと、春を元気に笑顔で迎えることができるでしょう。

五行図~春


  春の特徴


  万物が一斉に芽吹き、陽気が発散される
  風が強い、天候が変わりやすい
  目の充血、目が痛い、目がかすむといった症状がでやすい
  気持ちが落ち着かない、わくわく・そわそわする
  衝動的な気持ちが我慢できなくなる
  頭痛・めまいがする
  眠れない、寝つきが悪い
  胃腸の調子が悪い


上記が春の特徴ですが、これらは全て中医学では説明ができます。
故に症状に対応する方法もあります。



肝気(かんき)と肝血(かんけつ)


冬に腎に蓄えた栄養を使って、春は肝(かん)が働きだす季節ですが、栄養が十分に蓄積されていないと正常に働けません。

肝気(かんき)は上へ昇る習性がありますが、上手に発散させてあげないと、精神活動が不安定になります。

緊張・ノイローゼ・パニック症候群・鬱病・ヒステリー・精神分裂症といった症状は、春に多いことが知られていますが、これは肝気が足りないかまたは肝気の流れが滞っていることが原因と考えて、補気(ほき)または疏肝理気(そかんりき)という方法で対応します。

甲信中医薬研究会春の養生法

また、肝(かん)に、(同じく春に多い)風が入ると、気分が沈み悲観しやすくなり、時々ひどく怒ります。この状態にある方は目の下が青いのですぐにわかります。

甲信中医薬研究会春の養生法

次に肝血(かんけつ)ですが、肝血(かんけつ)が十分に満たされていると「嬉しいことがあった時に目がキラキラする」というように精神状態と目の表現が結びつきます。

肝血(かんけつ)の不足は目に表れるため、目の痛み・涙・充血・目やに・しょぼしょぼする、といった時は肝血(かんけつ)が足りないと考え、補血(ほけつ)という方法で対応することになります。

但し、白内障や老眼、かすみ目といった老化現象の場合は、腎の働きが低下していると考えますので、補腎(ほじん)という方法が適応となります。



春の過ごしかた


 夜更かしをしても朝は早めに起きる
 朝は散歩をし、体をのびのびと動かす
 心身ともに生き生きと過ごす
 春が旬の野菜と果物をたっぷり摂る
 精神状態に気を配り、早めの対応を心がける

甲信中医薬研究会春の養生法

  【オススメの食べ物】

アサリ・ハマグリ・シジミ・アワビ・レバー・ほうれん草・にんじん・うど・フキ・タラの芽・セリ・香菜・ネギ・生姜・枸杞子(くこし)・菊花・シナモン・薄荷・柑橘類など


  【オススメの漢方薬&ハーブ】

イスクラ逍遙丸(しょうようがん)、加味逍遙散エキス顆粒(かみしょうようさん)、イスクラ酸棗仁湯顆粒(さんそうにんとうかりゅう)、イスクラ開気丸(かいきがん)、イスクラ婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、イスクラ帰脾湯エキス顆粒KM(きひとうえきすかりゅう)、イスクラ参茸補血丸(さんじょうほけつがん)、イスクラ双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)、イスクラ参馬補腎丸(じんばほじんがん)など


甲信中医薬研究会春の養生法




    漢方薬は医薬品ですので、漢方のプロフェッショナルである甲信中医薬研究会
    会員店へご来店・ご相談ください。あなたにピッタリの漢方薬をおすすめいたします。
    ★ご相談はいつでも無料です!ご予算等もお気軽にご来店ご相談ください★


━━━━━━━━━━・‥…★ 会員店案内はコチラ ★…‥・━━━━━━━━━━



甲信中医薬研究会です!

甲信中医薬研究会

モバイルサイト

★3キャリア対応★

モバイルサイト3キャリア対応

甲信中医薬研究会モバイルサイトQRコード