地震?!不眠・不安【心神不安】~やおよろず漢方

地震?!常に揺れている感じがする・・・


    2011年3月11日、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生しました。
    度重なる余震や放射能汚染に対する恐怖や不安を抱えていらっしゃる方に
    是非読んで頂きたいと思い、記事にしてみました。

    「地震ではないのに、体が揺れている感じがする」
    「不安で眠れない、眠りが浅くなった」

    こうした感覚とともに耳鳴り・めまい・動悸・頭痛といった症状が表れてきます。

    でも大丈夫です!
    中医学の知恵を借りれば、ちょっとの工夫で乗り越えられます。
    ひとりで悩まず、無理をせず、是非この文章を参考にしてみてください。

不眠



思い込みすぎなの?


    毎日、原発関連のニュースが流れ「すぐに健康に被害がでるものではない」という
    日本政府の見解に対して、国際原子力機関(IAEA)評価では最悪の「レベル7」
    収束の目処が見えない状態で、国民が不安になるのは当たり前、
    決して思い込みすぎではありません。

    「地震はいつまたくるのか?」「津波は大丈夫だろうか?」
    「放射能汚染はどのくらいの影響があるのか?」
    「仕事はいつから復帰できるのか?」「農作物は売れるだろうか?」

    地震も放射能も先行きも、目にみえないゆえ、余計に不安が増大します。
    こうした不安が募ると、体にも影響が出てきます。

  • 揺れている感じがして落ち着かない。
  • ちょっとの揺れに敏感になる。
  • なかなか寝付けない。
  • 眠りが浅い。
  • 夢が多く寝た気がしない。
  • 耳鳴りがする。
  • 耳がぼっ~とする。
  • 頭痛がする。
  • 動悸(胸がドキドキ)がする。
  • 紅い斑点がももやうでの内側に出る。
心神不安しんじんふあん

    中医学ではこの状態を引き起こす急性のストレスを心神不安といいます。



心神不安(しんじんふあん)


    心神不安は、心(しん)と肝(かん)が関係した肝気上衝心包と解きます。
    【心(心臓)は神(精神)を蔵し司る】といわれており、心神が安定していれば
    精神活動が安定し五臓も元気!ですが、心神が不安定になると精神活動が不安定
    になり、特に肝気・腎・陰血に影響を与えます。
    よって、肝の気をめぐらせてあげること、腎の機能を正常化すること、陰血を補い
    流れをめぐらせてあげることがポイントとなります。

    実際には、ツボを押したり、食事や漢方薬で補ったり、生活習慣を見直すことで
    対応できます。尚、急性ストレスである場合は、効果が早く期待できます。
    逆に放置したままにしておくと、治すのにも相応の時間がかかり難しくなってきます。



セルフケア★つぼ


    おすすめのつぼは【内関】と【失眠】という2つのつぼです。
    いずれも左右両方(右腕・左腕、右足裏・左足裏)にありますが、
    ぐっと押した時に痛みの感じる方を重点的に行うと良いです。
    気持ちがいいと感じるくらいの強さで、気分が悪くなる場合は控えましょう。


内関ないかん

失眠しつみん


セルフケア★食事


    食べものにはそれぞれの作用があり、食べることは薬を飲むことと同じ位大切です。
    それぞれの症状にあった食べものを上手に取り入れましょう。
    また控えるべきものは控えて、体調を整えましょう。


不安・心配・のぼせ・めまいにオススメの食べもの
★野菜★

レタス・アスパラガス・セロリ・トマト・苦瓜・ピーマンなど

★肉魚貝★

鶏のハツ・まぐろ・ひらめ・こんぶなど

★その他★

桃・イチゴ・はすの実・竜眼肉・ローズヒップ・ジャスミンなど

イライラ・ストレス・躁鬱にオススメの食べもの
★野菜★

キャベツ・セロリ・春菊・ちんげんさい・玉ねぎ・紫蘇など

★肉魚貝★

牛肉・鶏レバー・アサリなど

★その他★

ぶどう・金柑・干し椎茸・酢・カモミール・ミントなど

 
控えるもの


    紅茶・緑茶・コーヒー・コーラなどカフェインの多いもの、清涼飲料水、
    刺激の強いもの、食品添加物、化学調味料、砂糖、動物性脂肪など

    また、食事は腹八分目が良いです。規則正しく決まった時間に食事を摂りましょう。
    眠れない方は就寝3時間前までに夕食を済ませておきましょう。
    (胃が活動中には寝付きにくく、胃に血が集中するため、眠りは浅くなります)


セルフケア★漢方薬


    酸棗仁湯顆粒(さんそうにんとうかりゅう)・温胆湯エキス顆粒(うんたんとう)・
    帰脾湯(きひとう)・苓桂朮甘湯(れいけいじゅつかんとう)・
    補中益気湯(ほちゅうえっきとう)・十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)・
    抑肝散(よくかんさん)・杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)・シベリア人参茶

    などがよく使われますが、その方の症状や状態によって使う漢方薬が違ってきます。
    漢方薬は医薬品です。服用の際には専門スタッフに必ずご相談ください。


毎日をリラックスして過ごすために
不安やイライラ、不眠でお悩みの方は甲信中医薬研究会の会員店にご相談ください。
ご相談はいつでも無料です。お気軽にご相談ください。
━━━━━━━━━━・‥…★ 会員店案内はコチラ ★…‥・━━━━━━━━━━



甲信中医薬研究会です!

甲信中医薬研究会

モバイルサイト

★3キャリア対応★

モバイルサイト3キャリア対応

甲信中医薬研究会モバイルサイトQRコード