妊娠のしくみ~やおよろず漢方
もしあなたが不妊でお悩みであるなら、妊娠の仕組みを知っておくと良いでしょう。

妊娠の仕組みを知ることで、妊娠する過程のどこで障害が起きているのかがわかると思います。 不妊の原因がわかれば、対策も講じやすくなります。


1.排卵する

妊娠の仕組み【1】排卵する
卵子は胎児の時に作られます。誕生する時には一生の間排卵する卵子、約200万個が作られており、排卵するまで卵巣で眠っています。
★ここで考えられる障害★
1.卵胞発育障害:
高PRL血症、PCOS、卵巣機能不全など

2.成熟卵胞の排卵障害:
黄体化未破裂卵胞(LUF)



2.卵管采、卵の取り込み

妊娠の仕組み【2】卵管采、卵の取り込み
排卵された卵子は、卵管采へ取り込まれます。キャッチされた卵子は卵管に入り、卵管膨大部で精子がくるのを待ちます。
★ここで考えられる障害★
1.クラミジア感染、淋菌感染
2.子宮内膜症
3.形成不全、腫瘍など



3.射精

妊娠の仕組み【3】射精
射精された精子は多くが膣内で死んでしまいます。運よく子宮頸管を通り、子宮腔へ泳ぎきった精子は、卵子の待つ卵管膨大部を目指します。
★ここで考えられる障害★
1.頚管因子:
解剖学的な異常(先天と後天)、頚管粘液の異常、精子一頚管粘液不適合
2.膣因子:
先天的な異常、炎症、腫瘍など
3.男性因子:
精子、精液の異常、精路閉塞、射精、勃起障害



4.受精

妊娠の仕組み【4】受精
卵管膨大部で待っている卵子は透明帯という殻に覆われています。一番に辿り着いた精子は、透明帯を溶かす酵素を出しながら卵子の表面へ着きます。最初の精子が透明帯を通過すると、透明帯に変化が起きて他の精子はシャットアウトされます。
★ここで考えられる障害★
受精障害:
卵子と精子、いずれかの異常によるもの



5.受精卵は分裂しながら子宮腔へ、そして着床

妊娠の仕組み【5】受精卵は分裂しながら子宮腔へ、そして着床
受精後、精子と卵子の染色体があわさり、数時間後には2つの細胞になり、そして、4細胞→8細胞と分裂を繰り返し、成長しながら卵管内を移動します。

受精後5日ほどすると胚盤胞(はいばんほう)となり、更に数日かけて着床の準備をしていた子宮内膜の上皮細胞に着床します。

*子宮は着床の準備を排卵後にいつも行っています。もし受精も着床もなかった場合には厚くなった子宮内膜は剥がれ体外へ排出されます。これが生理です。
★ここで考えられる障害★
1.子宮因子:
先天奇形、子宮筋腫、子宮内膜、ポリープ、子宮腔癒着症など
2.黄体機能不全



妊娠の障害はさまざまなところにあります。原因はいろいろ、人それぞれに違います。
最近では、不妊原因は女性だけでなく、男性であるケースも半々あるといわれています。

ひとりで悩むより、まずは一度ご相談ください。

あなたのお力になれるよう、
甲信中医薬研究会、会員店は日々勉学と研究に努め、情報提供を心がけております。

自然のチカラを借りて、妊娠しやすい体づくりをはじめましょう。


━━━━━━━━━・‥…★ 会員店案内はコチラ ★…‥・━━━━━━━━━



甲信中医薬研究会です!

甲信中医薬研究会

モバイルサイト

★3キャリア対応★

モバイルサイト3キャリア対応

甲信中医薬研究会モバイルサイトQRコード